レストラン等で結婚式の二次会となる宴会をするときの場所選び

盛り上がり楽しむ

イタリアン

結婚式はそれだけでも大きな式となり、食事や門出の挨拶、地域によっては余興があるなど、盛りだくさんの会となる。
一次会のみで終わる所もあるが、結婚式の二次会ともいえる宴会の席が設けられることもある。
宴会の席では結婚式よりも格式ばらずに、和気あいあいと団欒することができるので、より盛り上がるための会場が用意される。
大人数で行なう場合、結婚式がホテルで行われるのであればそのホテルの会場を引き続き使うというパターンもある。
たいていはホテルやウエディング会社が紹介する会場に移動して宴会が行われることとなる。
この宴会の場所は自分でも選ぶことができるので、料理や会場にこだわりたいのであれば、主催の新郎新婦や幹事が独自に会場を選ぶという選択肢もある。

宴会の会場を選ぶとき、料理にこだわればより満足する会にできる。
結婚式でも同じように、やはり料理の質が良いと式の評価というものが数倍に跳ね上がるものである。
このため、料理選びは大切になってくるが、このとき結婚式で何が出されたのかも鑑みて料理を検討する必要がある。
式では日本式かフランス料理、中華料理がスタンダードに出される料理なので、イタリアンやスパニッシュだと一次会と料理が被ることがない。
また、会場を選ぶときには移動しやすく、三次会に行きやすいところであることも選ぶ条件として挙げられる。
こうした宴会が成功するもしないも、会場選びにかかってくるので、厳選したいものである。

幹事をするコツ

テーブル

宴会を行なうときは場を仕切る幹事の存在は欠かせない。特に結婚式などでは職場も立場も違う人が集まるため、その二次会を仕切るにはあらゆることに気を配らなければならない。会場選びはその一つである。

洋風の場所

お酒

イタリアンやスパニッシュバーなど、洋風の場所では立ち飲みが基本となるので、和風の場所よりも移動がしやすい。料理に好きなものを選ぶのも宴会を盛り上げる重要な要素である。

ゲームを行なう

レストラン

宴会では必ずゲームが行われることになるので、ゲームを行なうことができるステージが会場にあると進行がよりしやすくなる。ホームページ等には内装も掲載されているので、検討しやすい。

二次会・三次会の関係

ウエディングレストラン

忘年会や結婚式の二次会である宴会には、一次会である結婚式の会場や、三次会の場所にも近いところを選ぶ必要がある。大人数が移動しやすいような地域には会場も多く存在している。

オススメリンク